僕が自由を証明しようと思う

ブログ『僕が自由を証明しようと思う』運営。 仕事漬けの20代を過ごし、得た経験・価値観・楽しさを中心に書きます。 雑記系(仕事論/マーケティング/時事ネタ/心理学/チャラいネタ)です。 ご連絡・問い合わせはFacebook、Twitterから。またはメール(w.sato0417@gmail.com)までお願いいたします。

ピアノとカホンの異色コンビ!『ピアノジャック』のかっこよすぎる曲4選!

【スポンサーリンク】

 f:id:w-sato0417:20160709165141p:plain

みなさん、「ピアノジャック」という2人組のインストゥルメンタルグループをご存知でしょうか?

もし、ご存知ない方は、この機会にぜひ知っていただきたい。

ピアノとカホンという楽器を使ったコンビなのですが、演奏レベルが圧巻。そして曲のかっこよさは鳥肌モノ。

初めて聴いたときにあまりの天才的な世界観に感動して以来、ずっとこのコンビのファンなんです。今回は「ピアノジャック」のこれは聴いておけ!という4曲をご紹介したいと思います。

かっこよすぎるから、ぜひ聴いてみて!

 

ピアノジャックって?

f:id:w-sato0417:20160709170035j:plain

コンビ名の正式名称は『→Pia-no-jaC←』と書きます。これでピアノジャックです。

意味としては、左から読むと「ピアノ(Piano)」、右から読むと「カホン(Cajon)」となること。

また、2人のコンセプトである「ピアノとカホンの2つの楽器でライブ空間をジャックする」という意味を乗せて、『→Pia-no-jaC←』ピアノジャックと名付けたそう。めっちゃオシャレでかっこいい。

そのため、『→Pia-no-jaC←』この表記の左右の矢印は必須です!

写真は、向かって左の白ジャケがピアノ担当のHAYATOさん、右がカホン担当のHIROさんです。

 

カホンという楽器の特徴

パーカッションに使われる楽器です。

f:id:w-sato0417:20160709171552j:plain

この箱のような楽器にまたがって、打面や縁を叩いて音を鳴らす楽器です。

中心を叩けばバスドラムのような低音が、縁に近い位置を叩くと高音が出るというように、叩く場所によって全然音色が変わるという点がカホンという楽器のポイント!

 

 

ピアノジャックの必聴曲を紹介します!

この天才二人組のすさまじくかっこいい曲をぜひ聴いてほしいので、ぼくが選りすぐったオススメ曲をご紹介します。ぜひ、聴いてみてください。

 

台風


→Pia-no-jaC←「台風」

オープニングから1分で良いので再生してみてください!

まずピアノジャックは「台風」から入ると、良さが一番伝わりやすいと思います。

めちゃめちゃキャッチーなメロディーにカホンが絶妙なリズム感で合わさった名曲。

 

残月


→Pia-no-jaC←「残月」

かっこいいです。

最後のHAYATOさんのアルペジオの演奏レベルがハンパじゃない。

曲も短いので、ピアノジャック入門者にオススメしたい入りやすい曲です。

 

Paradiso


【MV】→Pia-no-jaC← / Paradiso

ぼくの中では、ピアノジャック一番の大曲です。

どちらかというと、音楽をやっていた人が好みそうな曲で、ものすごいテクニカルな要素が凝縮されています。このテクニックありきで聴き入ると、あまりのHAYATOさんの天才っぷりに唖然とします。

ピアノ経験者に聴いてほしい!特にジャズ経験者!!

 

TASOGARE


【MV】→Pia-no-jaC←「TASOGARE」short ver.

先ほどの「Paradiso」ほどではないですが、これも大曲。

そして、ぼくがピアノジャックの中で一番好きな曲がこの「TASOGARE」です。

メロディーラインを聴いてください。激ヤバ。

そして、カホンとの掛け合いがハンパじゃなく活きているのが、この一曲だと思います。ピアノとカホンの阿吽の呼吸を意識しながら聴いてほしい一曲!

 

 

特にピアノが好きな人にはオススメ!

ぼくは、長年ピアノをやっていたせいか、J-POPとか聴いていてもピアノの音色に反応するクセがあります。

ただ、インストゥルメンタルでこれだけかっこいいピアノを弾く人はなかなかいないと思っていて、初めて聴いたときの衝撃がすごかった。

f:id:w-sato0417:20160709173719j:plain

 

この記事で取り上げた4曲は、ピアノジャックの王道曲です。

まだまだ、良い曲がたくさんあるし、いろんなクラシックの名曲をアレンジしてリリースしたりしてます。

これがまたかっこいいので、ぜひこの記事を読んで気になった方はチェックしてみてください。